【速報】最強のオフロード車、30年前の型のジムニーがまさかの新車販売wwwwwwwwwwww

NO IMAGE
1: 2018/04/15(日) 12:43:50.05 ID:Mq83Elne0● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
最強のオフローダーとしての呼び声も高く、その存在への賛辞はなりやまないスズキ・ジムニー。
さらに夏には新型も噂されているだけに今後の展開にも期待してしまうのは致し方ない。
そんな業界的にジムニーの話題が多い今日この頃、30年前のジムニーが新車で買えるという情報が舞い込んできた。

しかもインド生まれで大人4人が乗れるという。しかもリーフサスだっていうじゃないですか!! そんな奇跡のようなジムニーに迫ります。

ジムニーといえば軽自動車という限られた枠ながら、ラダーフレームを採用した本格派オフローダーとして、多くのクルマ好きもその性能は認めるところ。そんなジムニーも20年近いモデルライフを終えて、今夏に新型のデビューが予測されている。

顔は懐かしいあの頃のジムニーだ。しかしハイルーフになっていること、リアウィンドウの大きさなど、そのたたずまいは一般的なジムニーと異なっている

JB23型という現行型は3代目にあたるジムニーだが、その快存在意義は大きいものがあった。
3代目は、実用性一辺倒だったかつてのジムニーに不足していた「日常性」も加えたモデル。
コイルサスペンションを採用し、舗装路での乗り味も我慢が必要なくなったモデルだった。

しかしジムニー愛好家のなかにはリーフサスペンションの乗り味が好きな人も多かったり、メンテナンスやカスタムをしやすいことからリーフサスのモデルを愛用している層も多い。

幸運なことにスズキは部品の生産を長年続けてくれるメーカーで、リーフサスのジムニーでも、いまだに純正部品をディーラーで買うことはできる。

ジプシーのリアスタイルは非常に独特。まるで一斤の食パンのような姿は一度見ると目に焼き付く

ただ願っても叶わないのが新車のリーフサスのジムニーを買うこと。衝突安全や排ガス性能などで過去のクルマを生産することはできないし、レストアしていくしかないのだ。

しかし神奈川県厚木市にあるジムニーのエキスパートショップ、「RV4 WILD GOOSE」社長の二階堂裕さんがそんな夢を叶えてくれそうだ。

写真の「ジプシー」というモデルを10台だけ販売するという。ご覧のとおり”顔”は紛いのないジムニーなのだが、なんだか姿がおかしい。いったいこのクルマはなにものだ!? 二階堂さんに話を聞いた。

https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180415-10301817-carview/
no title

no title

no title

続きます

続きを読む