【国交省】自動運転車の安全指針 国交省検討会で最終案

NO IMAGE
K10011491611

1: 2018/06/22(金) 19:23:14.27 ID:CAP_USER9

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011491611000.html

自動運転車の安全指針 国交省検討会で最終案
2018年6月23日 19時11分

政府が2020年をめどに実用化を目指している、より高度な自動運転の車について、センサーの多重化など車両に求められる安全性の指針の最終案が国土交通省の検討会でまとまりました。
自動運転の技術は機能によって5つのレベルに分けられていて、このうち衝突を回避する自動ブレーキなどはすでに実用化されていますが、政府は2020年をめどに、緊急時以外は自動で走行する「レベル3」以上の実現を目指しています。

こうした高度な自動運転の車に求められる統一的な安全性の指針について、国土交通省の検討会は22日、最終案を取りまとめました。

それによりますと、自動運転車の安全性に関する基本的な考え方として、「自動運転システムが引き起こす人身事故をゼロにすることを目指す」としています。

そのうえで、具体的にはセンサーなどを多重化するなどして安全性を確保することや、運転者の状態を監視して、必要に応じて警報を発する機能を備えること、システムの作動状況を記録する装置を備えることなどを求めています。

国土交通省は一般から意見を募ったうえで、ことし夏にも指針を策定したいとしています。


続きを読む