マツダが12月13日から初代ロードスター(NA型)のレストアサービスをWEBで受付開始

NO IMAGE
1: 2017/12/14(木) 06:10:04.02 ID:CAP_USER9

マツダが2017年12月13日から初代ロードスター(NA型)のレストアサービスをWEBで受付開始
2017/12/13 14:10
https://clicccar.com/2017/12/13/539435/
no title


マツダが12月13日、初代ロードスター(NA型)のレストアサービスのWEB申込受付を本日より開始したと発表しました。

同サービスは、ユーザーからロードスターをマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもの。
サービスを申し込んだユーザーに対して、ロードスターアンバサダーの山本修弘氏をはじめとした担当者が面談、
個別の要望やクルマの状態に合わせてサービス内容を決定していくそうです。

また、今後もロードスターに乗り続けてもらうための幅広い環境作りを目指し、現在供給終了となっている一部パーツの再供給を予定しているそうです。

本サービスは第27回RJCカーオブザイヤーの特別賞を受賞。
事前説明会には600名以上の参加申込があったそうで、WEB申込受付の開始にあたって山本修弘氏は、
「レストアサービスの実現に向けて、サプライヤー各社様、専門店の方々やファンクラブのオーナー様など、これまで多方面の皆さまからご支援をいただきました。
まだ対象となるモデルや部品は限られてはおりますが、お客様とともに、このサービスを今後育てていきたいと思います」と語っています。

なお、パーツの再供給については、オリジナルと同じくバックウインドウを解放できるビニール生地のソフトトップや、
トレッドパターンを再現し乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブの4点をはじめ、
復刻した約150点の部品を2018年1月より販売開始するそうです。

その他の生産終了部品の再供給についても引き続き検討を進めるそうで、同社は「ロードスター」のレストアサービスやパーツの再供給を通して、
お客様の人生をより豊かにし、お客様と特別な絆で結ばれたブランドになることを目指すとしています。


続きを読む